大気汚染による肌への影響

大気汚染は子供から大人まで全ての肌に対して有害な影響を及ぼす可能性のある大きな問題 として広がっています。空気中の汚れやバクテリアが乾燥肌、若年層のエイジング、発疹、乾癬、ニキビ等の原因になる事があるのはご存知でしょうか。また、外の大気汚染だけでは なく室内に溜まった汚染物質も様々な肌トラブルや健康にリスクがあるという事も忘れない で下さい。屋内の有害物質は2〜5倍も高い事がリサーチにより発見されています。

屋内の汚染物質について
木材や発泡断熱材から発生する粒子を放つストーブや暖炉は、屋内に汚染物質を増やす原因の一つとなります。高い頻度でこのような汚染物質に肌が触れると発疹や肌の乾燥、炎症を引き起こします。また肌だけではなく、目、鼻、喉に炎症が起きる事もあります。新鮮な外の空気を取り入れる換気設備を設ける事により、このようなトラブルを回避することができます。また、除湿機によって湿度を下げる事で屋内汚染物質を減少させる事ができます。その他の回避方法として、手持ちのスキンケア製品や化粧品を見直して下さい。深刻な健康被害をもたらす化学的有害物質ホルムアルデヒドを減少させる製品を使うようにしましょう。
屋外の汚染物質について
大気汚染によって破壊されたオゾン層は、太陽からの紫外線を吸収する事ができなくなります。これは皮膚ガンや腫瘍を体に形成する等の深刻な健康被害に繋がる事があります。フリーラジカルと汚染物質が肌に浸透する事により体の細胞にダメージを与え老化を早める原
因となります。
若年層のエイジング
体内の全ての細胞は良い働きをする為に酸素を必要とします。空気中の汚染物質は肌細胞か ら酸素を吸い取ってしまう為、たるみやくすみといった肌の老化現象を引き起こします。ま た、汚染物質は空気中のフリーラジカル値を上昇させます。加齢と共に体がフリーラジカル に対抗する力が弱くなる為、肌を守る力が弱くなります。このフリーラジカルと紫外線のコ ンビネーションが肌のコラーゲン生成を減少させ、ハリを失いたるんだ肌を作る原因となります。
予防法
屋内汚染物質を減らす為の方法として換気扇の設置や室内を低湿度に保つ為の除湿機を使用 する等の方法を上記で紹介しましたが、ほこりや汚れを取る為に定期的な掃除機による掃除 とエアコンのフィルターを清潔に保つ事も一つの重要な方法です。屋外の汚染物質が肌に入 り込むのを防ぐには外出の際に長袖のシャツを着るなどして肌を守る事も大切です。汚染物 質に対して作られたスキンケア製品の使用もあなたの肌を汚染物質から守り、若く健康的な 肌に保ちます。
記事に関連したオススメの製品
BONDI CHICのトゥルーブルーシリーズがあなたの肌を大気汚染から守ります!